>> Schedule >>

2019年8月

8月スケジュール

 

8月3日(土)沖縄

松田美緒×川瀬慈「吟遊詩人の夜」

会場:CONTE(コント)

那覇市首里赤田町1丁目17

18:30開場 19:00開演
入場料1500円(ドリンク別)
ご予約はCONTE(コント)まで。
098-943-6239/conteokinawa@gmail.com

(以下、コントFBより抜粋)

先日、沖縄県立芸術大学が主催する『地域芸能と歩む』のキックオフ・フォーラムのプログラムのひとつに、シンガーの松田美緒さんと映像人類学者・川瀬慈さんのトークショーがありました。

続きを読む

そのトークショーは、松田さんが徳島の祖谷に残る民謡と出会い、地元の方々に口承で歌を習い、民謡をいまの響きとして命を吹き込んでいく様子を、川瀬さんが民謡の伝承に携わる地域の人々との深い交流とともにドキュメントしていった映像作品『めばえる歌―民謡の伝承と創造―』の抜粋動画を見ながら進んでいきました。土地の記憶と歴史、その土地に歌い継がれた歌には、その土地でしか生まれ得なかった理由があり、それを、歌、そして、映像や言葉を通して「いま」に解き放つ2人の対話は、人が生きる上でなぜ歌は必要なのか、どのように人は歌を生んできたのか、その根本を問い直すような力がありました。

松田美緒さんはこれまでポルトガル語圏、スペイン語圏の国々を訪れ、また、徳島だけでなく、日本各地ですでに忘れられてきた歌を発掘し、それぞれの地域に根づく、人の暮らしの中で必然として出てきた様々な歌と出会ってきた人。
彼女は言います。歌とは、人の心の奥にある想いの吐露であり、また内側から込み上げる哀しみの慟哭でもあり、そして魂揺さぶられながら歓喜の声を上げる、人間のもっとも根源的な表現だ、と。

そのトークショー後、川瀬さんが、アフリカのエチオピア北部の都市ゴンダールのストリートに生きる吟遊詩人たちとの魂の交流を描いた『ストリートの精霊たち』が、第6回鉄犬ヘテロトピア文学賞を受賞したというニュースが飛び込みました。すぐにこの本を取り寄せ、読みましたが、なぜ川瀬さんの語りに、聴く人を魅了する力があるのか、その理由がわかった気がしました。彼もまた、その土地に入り込み、そこに宿る魂を全身全霊で受け止め、その上で言葉を紡ぎ、そこに情景を立ち上がらせる、彼自身が吟遊詩人だったからです。

松田さんは、この8月から『地域芸能と歩む』のプログラムの一環として、沖縄の地域にかろうじて残る「うた」の記憶を探すプロジェクトを開始します。その最初が読谷村でのフィールドワークとなり、川瀬さんもそこに同行していきます。読谷でのフィールドワークの成果も含め、この夜は、2人の素晴らしき表現者の言葉と、そして、土地土地に深く入り込んでこそ生まれる詩と歌を、じっくり、そして心ゆくまま、聴き取りたいと思います。
きっと、世界を旅するような貴重な時間になると思います。そしてそれは、そのまま、ここ沖縄の地域に息づく詩とは何かを知ることにもつながっていくと思います。
この機会をどうぞ、お見逃しなく。

写真/八木ジン(松田)、片桐功敦(川瀬)

 

8月17日(土)大分

「おおいたのうた CD試聴会 トークセッション」

会場:大分銀行赤レンガ館 タウトナコーヒー

 18:30~20:00 

入場無料(ワンドリンクオーダーをお願いいたします)

松田美緒 (歌手・歌う おおいた理事長)
林弘美 (EnCanto・歌う おおいた副理事長)
岩尾晋作  (大分で会いましょう・カモシカ書店)

主催 特定非営利活動法人 歌う おおいた
協力 おおいた音楽鑑賞会実行委員会

*18:00~18:30に会場準備を行います。ご了承ください。

クラウド ファンディングにて7月14日にリリースしたばかりの松田美緒スペシャルアルバム『おおいたのうた 』

松田美緒を迎え、CD試聴会とトークセッションを行います。

続きを読む

登壇するのは、松田美緒と、松田と共に『おおいたのうた プロジェクト』をすすめる『EnCanto』林弘美

モデレーターは『大分で会いましょう』『カモシカ書店』の岩尾晋作さん。
大分県内各地での歌探しの様子やCD制作秘話、そして9月21日にホルトホール大分にて開催の歌う!おおいた祭典のお話も。

会場では、現在、公式オンラインストアのみで販売中のCD『おおいたのうた 』も販売いたします。

皆さま、ぜひ足をお運びください!

 

 

Copyrights © 2019 Mio Matsuda, All Rights Reserved.