>> Schedule >>

2020年5月31日(日)

クレオール・ニッポン through the window 配信ライブ

松田美緒 クレオール・ニッポン through the window ライブ配信 

日時: 2020 年 5 月 31 日(日) 21:00 – 22:00

配信URL https://youtu.be/w_r6Bu3Qdpw こちらでご覧いただけます。

ドネーションのページ https://streamriver.thebase.in/

【ドネーション(寄付)を募っております】 

皆さんがパソコンの「窓」を通じて、どなたでも楽しんでいただける形とさせていただきたく、視聴は無料となりますが、こちらよりドネーション(寄付)を募っております。 収益は、演奏者、会場、技術スタッフへ還元させていただきます。 今後も良い配信ライブ活動を続けていけますよう是非ご支援・応援をよろしくお願いします。
☆ドネーション(寄付)は何口からでも可能です
☆3000円以上、ドネーションをいただけた方にはもれなく特典ライブ動画を、後日メールより送らせて頂きます。

【 配信内容 】

世界を旅する歌手・松田美緒は、ポルトガルのファドから始まり、大西洋のポ ルトガル語圏・スペイン語圏の国々の歌を、現地を代表するアーティスト達と 共に公演やアルバム制作をしてきました。

2012 年より日本各地、世界各地を探し歩き出会った知られざる歌を『クレオ ール・ニッポン 歌の記憶を旅する』(アルテスパブリッシング2014)として 発表。その後『おおいたのうた』『ブラジル移民の歌』(2019)の作品で、民謡と いう名を付けられる前の人々の暮らしから生まれた歌を、現代によみがえらせています。

この配信ライブでは、山や海の暮らし、隠れキリシタンの島、ブラジルやハワ イ、南洋に移民した人々が歌った歌など、多様な日本の歌を普遍的な歌として 届けます。 人類の根源である歌を、人同士の接触が限られた今この時に、人と人、土地と 土地をつなぐ形として、「窓」越しに世界に配信します。

会場は惜しくも 6 月中に閉店が決まっているバー、シネマティック・サルーン。 世界中からこの映画のような場所に人々が訪れていました。

この夜、窓辺で会いましょう。

Be in touch through the window!

松田美緒(うた)

渡辺亮(パーカッション): https://www.ryo-watanabe.com/

鶴来正基(ピアノ): https://bit.ly/3cTTchu

古木洋平(映像ディレクター): https://www.yoheicogi.com/  牛久保賢二(カメラマン): https://www.kenjiushikubo.com/

配信会場:Cinematik Saloon (京都):http://cinematiksaloon.com/

 

Mio Matsuda ‘’Creole Nippon through the window’’  Live streaming

Date: May 31st at 21:00~22:00 (Japan time) *early afternoon in Europe

Stream URL : https://www.youtube.com/watch?v=w_r6Bu3Qdpw

Mio Matsuda, a multilingual musician who sings from Portugal’s Fado to Latin American and African rhythms, and has performed for many years with artists from European, African and Latin American countries. In recent years, she has been researching historical folk songs through archives and fieldwork with people in local areas.

“Creole Nippon” is a project that lost songs brings to life, revitalizing local memories of people attached to the nature and history. The title comes from Mio’s longtime experiences in Cabo Verde, the creole archipelago in the Atlantic Ocean. The songs express Japan’s creole roots and stories, created through the mixture of people interacting throughout history. Diverse Japanese songs sung by people living in the mountains, hidden Christian

islands, immigrants to Brazil, Hawaii, and the South Sea tell us of forgotten histories.

As we keep social distance, this online musical performance can be an exciting way to connect the people and lands. We use the word “through the window” in the title because the window, both real and virtual, can take us on imaginary travels and inspire each other. These precious songs are a gift to share with people in the world by exchanging positive energy and affection through the window of music.

Be in touch through the window! 

 

Supported by EU-Japan Fest: Financial Support Program for On-line Activities #KeepgoingTOGETHER

 

2020年3月2日(月)

<開催延期決定>3月2日(月)吉岡乾×松田美緒 「ことばを探す、うたを探す」

吉岡乾×松田美緒 「ことばを探す、うたを探す」

本イベントは新型コロナウイルス感染症が拡大していることを関係者と協議した結果、開催を延期することといたしました。

チケットサイトでお申し込みをされた方にはサイトを通じて、店頭でお申し込みをされた方にはお電話で返金方法をご連絡しております。
連絡が来ていないというお客様はこちらのリンクよりお問い合わせください。

お手数をおかけしてしまい大変恐れ入りますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

なお、本イベントは延期の予定ではございますが現時点では次回の開催日時は未定です。
開催の際は改めて告知をいたしますのでご了承ください。

『現地嫌いなフィールド言語学者、かく語りき。』(創元社)刊行記念イベント

日時 2020年3月2日(月)

出演  吉岡乾 
    松田美緒 

時間  20:00~22:00 (19:30開場)

場所  本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F

入場料  
■前売1500円+ドリンク500円(ともに税別)
■当日2000円+ドリンク500円(ともに税別)

イベントのご予約はこちら

概要 

吉岡乾さんの『現地嫌いなフィールド言語学者、かく語りき。』が創元社より昨年8月に刊行され、以来各所で話題になっています。
本書は大阪にある国立民族学博物館に勤務され、言語学者である吉岡さんがパキスタンとインドの山奥で、少数言語といわれる七つの言語を調査、研究した記録です。

B&Bでは刊行を記念したトークイベントを開催いたします!

ゲストには松田美緒さんをお呼びしました。
六言語を操り世界中で音楽活動を重ねる、歌う旅人である松田さんからみて吉岡さんのフィールドワークはどのように映ったのでしょうか。

消えゆく歌や言語について身体を駆使して研究、活動をされているお二人の初めての対談、ぜひご参加ください!

【出演者プロフィール】
吉岡乾(よしおか・のぼる)
国立民族学博物館准教授。専門は記述言語学。博士(学術)。1979年12月、千葉県船橋市生まれ。2012年5月、東京外国語大学大学院博士課程単位取得退学。同9月に博士号取得。博士論文の題は「A Reference Grammar of Eastern Burushaski」。2014年より、現職。
大学院へ進学した2003年よりブルシャスキー語の研究を開始し、その後、パキスタン北西部からインド北西部に亙る地域で、合わせて7つほどの言語を、記述的に調査・研究している。著書に『なくなりそうな世界のことば』(創元社)。

 

 

2020年2月29日(土)

2月29日(土)NHK文化センター京都教室

トーク&ライブ 「歌う旅人 松田美緒 ファドの記憶を訪ねて」

世界中の土地に息づく音楽を訪ね歩く歌手・松田美緒が、自身のルーツというポルトガル音楽ファドの魅力を語り、歌います。きっと、今まで知らなかったポルトガルに出会えるはず。

日時 2020年2月29日(土) 15:30-17:00

会員 3,894円 一般(入会不要)4,356円

お申し込みページ

NHK文化センター京都教室
京都市下京区四条通柳馬場西入ル立売中之町99四条SETビル3F
TEL 075-254-8701  

 

 

 

 

2020年2月21日(金)

2月21日(金)沖縄 アーティストインレジデンス クロージングイベント

アーティスト・イン・レジデンス クロージングイベント「うたの記憶を紡ぎ出す」

日時 2020年2月21日(金)
開演 19:00(開場18:30)
終演 21:00

会場 ライカムアンソロポロジー(RYCOM ANTHROPOLOGY)
   沖縄市久保田3-1-12 プラザハウスショッピングセンター3F

定員 80名
参加費 無料(要事前申し込み)

こちらの申し込みフォームよりお申し込みください。

概要

沖縄の各地では、その土地の暮らしや風習と結びついた多くの「うた」が歌い継がれてきました。「うた」は地域の個性であり、「うた」を通してかつてそこにあった風景や人々の暮らしが見えてきます。それらの「うた」の記憶に耳を傾けながら、そこに新たな生命を与えることは、地域文化の豊かな多様性を継承するひとつの方法でもあります。

アーティストが地域の音楽文化と関わることで生まれる新たな創造的可能性を探るため、わたしたちは、南城市(旧玉城村)、読谷村、伊江村の「うた」の記憶をめぐって、アーティスト・イン・レジデンス・プログラムを行いました。

「うた」から、土地の人々が歩んできた歴史=物語を知ること。
「うた」から、かつてあった人と土地とのかかわりを想像すること。
そして、過去との連続性から、「いま」を捉えていくこと。

 クロージング・イベント「うたの記憶を紡ぎ出す」では、1年間のプログラムを振り返りながら、各地の「うた」の記憶に耳を澄まします。

プログラム(予定)

第1部 トークセッション(川瀬慈×呉屋淳子×向井大策)
     「出来事としての「うた」の記憶について考える」

第2部 パフォーマンス(松田美緒×鶴来正基)
     読谷村・長浜地区「まーすけーい歌」
     南城市(旧玉城村)「献穀田田植歌」(神田精輝作詞、宮良長包作曲)
     伊江村「くわーむい歌」(子守唄)

出演 川瀬慈(国立民族学博物館准教授)
   呉屋淳子(沖縄県立芸術大学准教授)
   松田美緒(歌手)
   鶴来正基(ピアノ)
司会 向井大策(沖縄県立芸術大学准教授)

2020年1月25日(土)

1月25日(土)Cinematik Saloon

DJ JUNIA 44th Birthday Bash「OpéraBlues Special」

出演 山北健一,オレンジペコー, 竹本健一 with Luz,
松田美緒 with 鶴来正基 (順不同)

open 16:00 start 17:00 
charge 5,000 yen

ご予約・お問い合わせ
TEL 075-251-0995

〒604-8006 京都府京都市中京区下丸屋町(河原町通)410 ユニティービル7F (看板がない階です)

京都のとても素敵な隠れ家バー、シネマチック・サルーンのオーナーJUNIAさんのバースデーイベントです。

スペシャルな曲目を準備中!

Copyrights © 2020 Mio Matsuda, All Rights Reserved.