>> News >>

through the window vol.2 生配信ライブ!

ドネーションをいただいた皆様、ご覧いただいた皆様、ありがとうございました。
お陰様で、建仁寺両足院さんより、第2弾のコンサートを無事ライブ配信することができました。
全てライブのため、映像の乱れなど課題がありますが、今回、ボスコミュージックの森崇さんの音響で、音質的に完成度の高い配信になったことがとても嬉しいです。

これもたくさんのご支援のお陰です。チーム一同感謝申し上げます!

フル映像は数日間ご覧いただけます。https://youtu.be/YrGm-Y-oR1g

3000円以上のドネーションをいただいた皆様には、編集した動画を後日お送り致します。
ドネーションサイトはまだ続行中です。https://streamriver.thebase.in/

次回の作品配信のため、今後もご支援のほどよろしくお願い致します。

—————————————————————

松田美緒「through the window#02 / 七夕の前に」

【日時】2020年7月5日(日)18:00-18:45

京都から世界へ。
ライブ配信「through the window」では、自宅で過ごされる皆さんのパソコンの窓を通じて、毎回色々な場所から世界の歌をお届けするシリーズです。 まもなく七夕の日を迎える今回は、京都・建仁寺 両足院より、ゲストにギタリスト・渥美幸裕さんをお迎えしてお届けします。 一年に一度、天の川をわたり会うことを許された二人の物語になぞらえて、今回のライブ配信では世界の愛の唄を綴っていきます。

この生配信では、自然の音をフィールドレコーディングしながら、その場で音をつくりあげていきます。立体的な音で聴いていただくため、ヘッドフォン、イヤフォン推奨です。

「この夜、窓辺で会いしましょう。」 

配信サイト
https://www.youtube.com/watch?v=YrGm-Y-oR1g

ドネーションサイト
https://streamriver.thebase.in/

【ドネーション(寄付)募っております】
ご自宅で過ごされている皆さんへ どなたでも楽しんでいただける形とさせていただきたく、視聴は無料となりますが、こちらよりドネーション(寄付)を募っております。 収益は、演奏者、技術スタッフへ還元させていただきます。
今後も良い配信ライブ活動を続けていけますよう是非ご支援・応援をよろしくお願いします。
☆ドネーション(寄付)は何口からでも可能です
☆3000円以上、ドネーションをいただけた方にはもれなく特典ライブ動画を、後日メールより送らせて頂きます。 

【ゲスト】 渥美幸裕/Japanese Guitar、邦楽2.0主宰、作曲家、空間音設計
2003年、ジャズやスタジオミュージシャンとして活動開始。 2012年より、日本伝統音楽を研究するため京都へ。 2016年、伝統邦楽が持つ魅力を西洋楽器であるギターというフィルターを通して全世界へ普及、伝承するプロ ジェクト『邦楽2.0』の活動を開始。作品第1段「Japanese Guitar Song Book」を発表。奈良、江戸時代の邦楽をギター1本で表現。和楽器奏者らと邦楽の魅力を新たなアレンジで紹介するライブイベント「邦楽2.0研究会」 を主催。2018年、作品第2段「NIPPON NOTE 2.0」発表。宮川町の芸妓や、八坂雅楽会等参加。DJ KRUSHとJapanese Guitarによる共演。2019年、作品第3段「花鳥風月」を発表。尺八、三味線、箏、ギターによる伝統曲からオリジナルまでを収録。 これまでに、貴船神社へ新邦楽曲奉納。奈良吉野金峰山蔵王堂、京都三千院で の声明アレンジ。清水寺、貴船神社で邦楽2.0映像作品制作。人形浄瑠璃文楽座、等と共演。 平行してタップダンス、 パーカッション、ギターのトリオ「Conguero Tres Hoofers」での国内 外ツアー、忌野清志郎バンドのメンバーとのポップユニット「サイコービ ジョンズ」で活動。また、音楽教育として保育園等で音楽を共に創る体験 を伝える「おとあそびワーク」を実施。空間の目的を最適化する音の役割 へも注目し「Sonic Architecture」事業を展開。木屋町のホテル”Bijuu” へ実装。音の可能性を最大限活かした活動で世界平和的文化交流に取組む。
official HP:
https://atsumiyukihiro.net/

【配信会場】 建仁寺 両足院/京都:https://ryosokuin.com/

【動画配信】 STREAMRIVER

おうちでごちそう北海道

北海道内でご覧いただける5分間のお料理番組の音楽を4回にわたって担当しました。

全作、以下のNHK札幌のページでご覧いただけます。インタビュー「料理と歌の幸せな関係」も掲載!

[番組名] おうちでごちそう北海道

[番組内容]
北海道が誇るおいしい食材で、家族の気分を晴れやかにする「ごちそう」を作ってみませんか?札幌出身の中国料理のシェフ、脇屋友詞が提案する、道民目線の料理番組。
世界を旅するミュージシャン、松田美緒の軽やかな鼻唄に乗せて、その作り方をコンパクトに紹介します。

【 放送予定(北海道内) 】
第3回 トウキビとホタテのなめらかグラタン
6/23(火)午前10:45~10:50 総合
6/26(金)午後11:40~11:45 総合
6/28(日)午前5:55~6:00 総合
7/4(土)午前7:55~8:00 総合
第4回 黒米薬膳おこわ
6/24(水)午前10:45~10:50 総合
6/27(土)午後0:40~0:45 総合
6/30(火)午後3:55~4:00 総合
7/11(土)午前7:55~8:00 総合

 

 

クレオール・ニッポンthrough the window 生配信ライブ

クレオール・ニッポン through the windowをご覧くださった皆さん、ありがとうございました!
テクニカルな問題で大幅に時間が遅れてしまいましたことをお詫び致します。お聴き苦しい音声ノイズや映像の乱れなど改善すべき課題は多いですが、最後までご覧いただきありがとうございます。

ドネーションにご協力いただいた皆さま、感謝申し上げます!たくさんのご視聴とドネーションをいただき、次回の番組制作につなげることができます。映像でしかできないクリエイティブな放送を追求していきたいと思います。

まずは初回をthrough the windowチームで、世界中の人たちとつながる窓辺からスタートできることができて、一同心から嬉しく思います。
この配信はしばらく後1日ほどyoutubeでフルでお楽しみいただけます。
https://youtu.be/w_r6Bu3Qdpw

これからも窓辺でお逢いしましょう!

ヘア&メイク 高橋誠二(CYAN MAKEUP ROOM)
スペシャルサンクス DJ JUNIA & Miss Bhindi (Cinematik Saloon)
木下清隆 (El Quillo), Adeyto, Joshua Ricard, 阿部裕一郎, 林弘美

「クレオール・ニッポン」「おおいたのうた」をストリーミングサービスで配信中

『クレオール・ニッポン』『おおいたのうた』がItunes やSpotify, Amazon Musicなどに加わりました。パソコンやスマホなどのお使いのサービスから気軽にご購入、ストリーミングしてお聴きいただけるようになりました。ぜひお楽しみください。

Itunes 

おおいたのうた

クレオール-ニッポン-歌の記憶を旅する

クレオール・ニッポン through the window 配信ライブ!

5月31日(日)京都から世界へ、スペシャルな配信ライブをします!

松田美緒 クレオール・ニッポン through the window ライブ配信

日時:2020年5月31日(日)
21:0022:00
 

配信URL https://youtu.be/w_r6Bu3Qdpw こちらでご覧いただけます。

ドネーションのページ https://streamriver.thebase.in/

【ドネーション(寄付)を募っております】 

皆さんがパソコンの「窓」を通じて、どなたでも楽しんでいただける形とさせていただきたく、視聴は無料となりますが、こちらよりドネーション(寄付)を募っております。 収益は、演奏者、会場、技術スタッフへ還元させていただきます。 今後も良い配信ライブ活動を続けていけますよう是非ご支援・応援をよろしくお願いします。
☆ドネーション(寄付)は何口からでも可能です
☆3000円以上、ドネーションをいただけた方にはもれなく特典ライブ動画を、後日メールより送らせて頂きます。

【 配信内容 】

世界を旅する歌手・松田美緒は、ポルトガルのファドから始まり、大西洋のポ ルトガル語圏・スペイン語圏の国々の歌を、現地を代表するアーティスト達と 共に公演やアルバム制作をしてきました。

2012 年より日本各地、世界各地を探し歩き出会った知られざる歌を『クレオ ール・ニッポン 歌の記憶を旅する』(アルテスパブリッシング2014)として 発表。その後『おおいたのうた』『ブラジル移民の歌』(2019)の作品で、民謡と いう名を付けられる前の人々の暮らしから生まれた歌を、現代によみがえらせています。

この配信ライブでは、山や海の暮らし、隠れキリシタンの島、ブラジルやハワ イ、南洋に移民した人々が歌った歌など、多様な日本の歌を普遍的な歌として 届けます。 人類の根源である歌を、人同士の接触が限られた今この時に、人と人、土地と 土地をつなぐ形として、「窓」越しに世界に配信します。

会場は惜しくも 6 月中に閉店が決まっているバー、シネマティック・サルーン。 世界中からこの映画のような場所に人々が訪れていました。

この夜、窓辺で会いましょう。

Be in touch through the window!

松田美緒(うた)

渡辺亮(パーカッション): https://www.ryo-watanabe.com/

鶴来正基(ピアノ): https://bit.ly/3cTTchu

古木洋平(映像ディレクター): https://www.yoheicogi.com/  牛久保賢二(カメラマン): https://www.kenjiushikubo.com/

配信会場:Cinematik Saloon (京都):http://cinematiksaloon.com/

 

Mio Matsuda ‘’Creole Nippon through the window’’  Live streaming

Date: May 31st at 21:00~22:00 (Japan time) *early afternoon in Europe

Stream URL : https://www.youtube.com/watch?v=w_r6Bu3Qdpw

Mio Matsuda, a multilingual musician who sings from Portugal’s Fado to Latin American and African rhythms, and has performed for many years with artists from European, African and Latin American countries. In recent years, she has been researching historical folk songs through archives and fieldwork with people in local areas.

“Creole Nippon” is a project that lost songs brings to life, revitalizing local memories of people attached to the nature and history. The title comes from Mio’s longtime experiences in Cabo Verde, the creole archipelago in the Atlantic Ocean. The songs express Japan’s creole roots and stories, created through the mixture of people interacting throughout history. Diverse Japanese songs sung by people living in the mountains, hidden Christian

islands, immigrants to Brazil, Hawaii, and the South Sea tell us of forgotten histories.

As we keep social distance, this online musical performance can be an exciting way to connect the people and lands. We use the word “through the window” in the title because the window, both real and virtual, can take us on imaginary travels and inspire each other. These precious songs are a gift to share with people in the world by exchanging positive energy and affection through the window of music.

Be in touch through the window! 

 

Supported by EU-Japan Fest: Financial Support Program for On-line Activities #KeepgoingTOGETHER

 

 

Copyrights © 2020 Mio Matsuda, All Rights Reserved.